【刀剣乱舞】陸奥守吉行デッキ解説

目次
■デッキレシピ
■デッキについて
■採用カードについて

デッキの構築や使い方に関する質問や感想は質問ページからお願いします


■グレード3(8枚)
陸奥守吉行 極×4枚[ライドライン]
御手杵×4枚

■グレード2(21枚)
陸奥守吉行 特×1枚[ライドライン燭台切光忠×4枚
南海太郎朝尊×4枚

■グレード1(8枚)
蜂須賀虎徹 戦闘×1枚[ライドライン]
謙信景光×4枚
肥前忠広×4枚
白山吉光×4枚[守護者
太鼓鐘貞宗×3枚

■グレード0(17枚)
蜂須賀虎徹×1枚[ライドライン]
厚藤四郎×3枚[]
後藤藤四郎×3枚[]
毛利藤四郎×4枚[]
前田藤四郎×3枚[]
平野藤四郎×2枚
決意の精霊王 オルバリア×1枚[





[△ページトップに戻る]

ユージンを上回る除去能力が強み
しかし、「陸奥守吉行 極」以外の除去手段は基本的にアタックのヒットが必要になるため、扱いが難しいデッキとなっている
打点が心もとない反面、かなりの盤面処理能力を誇るため、手札を増やしたり除去しながらゲームの展開をコントロールして戦うことが重要





[△ページトップに戻る

グレード3
陸奥守吉行 極
ライドライン兼ペルソナライド要員
御手杵
後列を用意しづらいデッキなため、単体でヴァンガードにアタックできること自体がありがたい
「トリクスタ」など、除去体制をもったカードに対して有効で、除去し漏らしたリアガードの処理などにも有効
グレード2
陸奥守吉行 特
ライドライン
リアガードでは目立った性能ではないため、メインデッキには採用していない
燭台切光忠
不足している打点を補いつつ、ヒット時に除去能力を持っているアタッカー
このデッキのコンセプトに最も合っているカードといえるため、4枚採用している
南海太郎朝尊
除去しながら長期戦を仕掛けてじり貧になったあいてにとどめを刺すデッキなので、手札交換がありがたい
単体で相手のヴァンガードをアタックすることも可能なため、優秀な前列要員でもある
特に減らす理由もないので、4枚採用しよう
グレード1
陸奥守吉行 戦闘
ライドライン
リアガードでは目立った性能ではないため、メインデッキには採用していない
謙信景光
後列を用意しづらいデッキなため、ブースト後手札に変換可能な点が優秀
使いすぎるとカウンターブラストが厳しくなるので能力の使いどころは選ぶ必要があるが、無難に使いやすいカードなので4枚採用している
肥前忠広
ヒットする必要があるが除去能力を持つ優秀なブースター
「燭台切光忠」と組み合わせてどのリアガードがヒットしても除去ができるようにしたいため4枚採用している
白山吉光
守護者
太鼓鐘貞宗
手札補充要員
手札を減らさずに後列を用意できるためゲーム中1枚は使用したいが、複数枚並べてしまうと盤面が貧弱になるので3枚にとどめている
グレード0/トリガー配分
陸奥守吉行
ライドライン
トリガー配分
長期戦を目指すため、カードを多く抱えるためにドローをできるだけ多く採用している
しかし、別段ガード値が多いデッキではないためこれ以上ドローを増やすことは難しい
残りの枠にはガードを強要することで手札を削ることができ、またガードを強要することで「燭台切光忠」や「肥前忠広」のヒット時能力を生かすためクリティカルを採用
「真剣必殺」を生かしづらいためオーバートリガーには「決意の精霊王 オルバリア」を選択している

[△ページトップに戻る]

タイトルとURLをコピーしました