[PR]2022年11月 最新の大会環境を徹底解説!!

9月に発売した『烈火翠嵐』、10月発売の『モンスターストライク Vol.2』の登場により大きくヴァンガードの大会環境は変動しました。今回は最新の環境の解説と、今後の予想をしていきたいと思います!!



目次
■『環境』とは?
■これまでの大会環境のおさらい
■2022年11月の最新環境
■有力なデッキをおさらい
■今後の環境の移り変わりについて



『環境』とは?

カードゲームにおける『環境』とは、中心となる強力なデッキとそれを対策するデッキの間で生じる流行り廃りを指すものです。
最初は強力なデッキを中心に形成され、それを対策できるデッキが増加してくるとまたそれを対策するデッキが登場し・・・といったように、その時々で有効に立ち回ることができるデッキが流行り、そして廃れていき・・・といったふうに、大会参加者が使用するデッキのシェア率に合わせて塗り替えられていきます。
また、ここに自分の動きの最大値を通せば勝つことができる「地雷デッキ」という存在も合わさることでカードゲームの『環境』は形成されていきます。




これまでの大会環境のおさらい

ひとつ前の環境では、『グレード4』を採用したデッキを中心に形成されていました。
破格のスペックをもつ
環境後半ではPRカードや新弾で優秀な強化が配られた一部のグレード3デッキがこのグレード4環境に対抗し、デラックスの各予選では【バロウマグネス】や【エバ】、【オーバーロード】などをはじめとしたグレード3デッキの入賞も目立つようになっていきます。
これらの共通点はグレード3にライドした時点から高い出力を出すことができるという点で、グレード4にライドされる前に差を広げてしまいたいという意図が感じられます。
ここを更に伸ばしたものが【えびす】や【ユースベルク】など現環境で中心となっているデッキです。




2022年11月の最新環境

長らくグレード4中心の環境が続いていたスタンダードの大会環境でしたが、9月発売の『烈火翠嵐』、10月発売の『モンスターストライク Vol.2』の追加で大きく形を変えました。
ユースベルク“反抗黎騎・翠嵐”》をはじめとする優秀なカードで大幅に強化された【ユースベルク】、モンスターストライクの独自ギミックをフル活用した【えびす】が登場し、それらが一気に環境の中心に上り詰めました。
3ターン目から高い出力を発揮することができるというグレード3デッキのメリットと、グレード4に迫る4ターン目以降のスペックを兼ね備えたこれらのデッキは、発売してすぐから無視できない存在となっています。
しかし、カードのスペックが向上したことにより深い立ち回りが求められるようになったため、まだ使い慣れていないところに既存のデッキがいち早く対応する形となり、直近の『きゅうしゅうかっぷ』や『HIROSHIMA CHAMPIONSHIP』ではこれらを押しのけて優勝しています。




最新環境の有力なデッキをおさらい
環境の中心
【えびす】
10連ガチャやピックアップガチャ、《絆を架ける叡智の魔術王 ソロモン》《三銃士の想いを宿すフランス王 ダルタニャン》などの展開やガード値、ペルソナライドを安定化させる優秀なギミックを基盤として持ち、《厄災を祓いし「漁業神」 えびす》本体の除去や連続攻撃に加え、《孤独を癒す星海の「新星」 ポラリス》《美濃国の「刺客」 帰蝶》《幸福を綴る「聖皇女」 アナスタシア》等の優秀かつ適切なサポートカードを持っており非の打ち所がない。文句なしに環境の中心といえるデッキ。

【ユースベルク】
ユースベルク“反抗黎騎・翠嵐”》や《集積の魔女 セクアンナ》、《ウェイワードセラピー・エンジェル》の登場により3ターン目から爆発的に手札や盤面を増やせるようになり、一気に環境の中心に上り詰めた。
非常に高い防御力もさることながら、前列全体にパワーを+5000するスキルと回収しやすいペルソナライドが相まって攻撃面でもかなりの水準を誇っている。
動き自体はシンプルで4回攻撃が基本。最大値が高いわけではないが、並大抵のデッキではこのデッキの防御を超えることは難しい。

【ネルトリンガー】
破格の除去性能で並大抵の相手を寄せ付けず、同格以上の相手にも隕石オーダー5枚モードによる瞬間火力で突破することが可能なデッキ。
プレイ難度は非常に高いが、構築と立ち回りで幅広く対応することができる。
最近は格上のデッキが増えてきたことで思い切ったプレイを迫られる場面が増えたが、依然除去が刺さるデッキは多く、環境の中心といえる。




今後の環境の移り変わりについて

今後の追加で注目となるのはやはり今月発売のスペシャルセットで登場する新しい邂逅ユニットである《クロノジェット・ドラゴン》を中心としたダークステイツのデッキですね。
昔からプレイしているプレイヤーにはおなじみの『超越』ギミックに加え、疑似的にペルソナライドのような恩恵を受けることができるようになる『クレスト』というギミックを持っており、先攻3ターン目の出力と引き換えにグレード4とペルソナライド両方の恩恵を受けられるような形となっています。
超越さえすることができれば、【ユースベルク】と【えびす】に並ぶパワーを発揮することができるため、新しいトップデッキ候補の一角として期待することができます。

他には、12月発売の『女神再臨』にて新たに登場するミネルヴァや、現在もライドライン選抜で活躍している【エバ】の強化も行われるため、これらの活躍にも期待です!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました