[PR]フェスティバルコレクション2022で注目のカード5選!

今回は、大ヴァンガ祭2022で先行発売され、5月13日(金)に一般販売の『フェスティバルコレクション2022』に収録されるカードの中から注目のカードを5枚、使い方や参考デッキレシピを紹介していきたいと思います!



目次
焔の巫女 アメリア
封焔竜 アウシュニヤ
ディアブロスマドンナ ミーガン
柩機の主神 オルフィスト・レギス
屍海の降霊術師 グレイヴ゠ゾルガ



焔の巫女 アメリア

元々先攻での出力が高い【ニルヴァーナ】に後攻を強くするカードが追加されたということで、注目度の高い1枚です。
また、現在【ニルヴァーナ】において主流の構築ではグレード1のブースターが合計で6~8枚程度採用されているが、ゲーム中に使用できるカウンターブラストの数の問題から能力を使用しないでブースターとして運用することも多いため、能力を使用しなかった場合も無駄になりにくい点からも無理なく採用しやすくなっています。
また、単純にソウルの枚数が増加することにより《ヴェルリーナ・エスペラルイデア》の能力の補助になる点も優秀。
実際に採用する場合、最近流行りつつある《トリクスタ》2枚の構築を基盤にします。
後攻以外は使いづらい一面もあるため、実際に採用する場合は1枚採用して、《天輪真竜 マハーニルヴァーナ》とセットで引いた時の最大値を伸ばすか、4枚採用して積極的に狙っていくのがよいでしょう。
下記の構築の場合、《焔の巫女 アメリア》を4枚採用するのであれば《焔の巫女 ヒメナ》3枚と入れ替えることになります。

サンプルデッキ




封焔竜 アウシュニヤ

【バヴサーガラ】のリアガードに不足しがちな打点と展開力を1枚でまかなうことができ、【バヴサーガラ】の構築を大きく変えるカードです。
登場した際に発動する能力なので、序盤に出しにくい点は注意です。
このカードを採用する場合の構築は、従来の構築では採用枚数が抑え目だったグレード1のユニットの枚数を増やすと同時に、《封焔竜 シクシャニーヤ》を厚く採用することが難しくなるため武器オーダーの採用枚数を抑える方向となります。

サンプルデッキ




ディアブロスマドンナ ミーガン

コストを使わず、デッキを減らすこともなく打点を出すことができる優秀なアタッカーです。
従来の【ブルース】では、デッキを削れない後半やオーダーカードを引けていない状況ではリアガードの打点が出しづらい状況が多くありましたが、このカードの登場によりリアガードの打点も安定して出せるようになり、持ち前の突破力に磨きがかかりました。
また、登場時などに発動する能力ではないためあらかじめコールしておくこともでき、序盤にリアガードが展開しづらい【ブルース】ではありがたい1枚となっています。

サンプルデッキ




柩機の主神 オルフィスト・レギス

打点は高いものの、連続攻撃を行う手段が少なかった【オルフィスト】に追加された待望のカード。
また、コストが重いものの強力な能力を持っていた《悠久の時を超えて》が無理なく使えるようになった点も注目です。
メインフェイズ中に夜影兵トークンをコールすることが苦手なためライドラインは《柩機の神 オルフィスト》を選択し、盤面の安定化を図っています。

サンプルデッキ




屍海の降霊術師 グレイヴ゠ゾルガ

ドロップゾーンからリアガードをコールする能力がなくなった代わりに前列のパワーを上昇させることができるようになった攻撃型のゾルガです。
優秀なオーダーカードである《悲嘆と絶望、そして拒絶》が使えない代わりに、オーダーに頼らず打点を出せるようになったため今までよりも幅広くオーダーカードを採用できるようになりました。
また、ドロップゾーンを調整しつつ魔合成することができるため、魔合成がしたいものの手札やドロップゾーンにオーダーカードが存在しないという状況が生まれにくくなりました。

サンプルデッキ





コメント

タイトルとURLをコピーしました