[PR]ブースター第5弾『群雄凱旋』で追加された新たな邂逅カードを解説!

いよいよ今週の4月1日に発売される、ブースター第5弾『群雄凱旋』では新たに《マジェスティ・ロードブラスター》や《ファントム・ブラスター・オーバーロード》、《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》などの『双剣覚醒』環境を彩った人気ユニットが『邂逅カード』としてスタンダードにも登場しました!
今回は、それら新しいデッキの紹介や相性のいい既存のカードを紹介していきます!
新弾に向けた準備や新しく組むデッキの参考にしていただければ幸いです!




目次
■マジェスティ・ロードブラスター
■ファントム・ブラスター・オーバーロード
■ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド



マジェスティ・ロードブラスター

ブラスター・ブレード マジェスティ・ロードブラスター ブラスター・ダーク

旧シリーズ同様、相手ターンのヴァンガードのパワー増加を携えて登場した《マジェスティ・ロードブラスター》
能力としてはVスタンダードのものと少し似ており、ソウルに《ブラスター・ブレード》《ブラスター・ダーク》が揃っているときにヴァンガードのパワーとクリティカルが増加する能力や、ソウルに入れた『ブラスター』に対応して除去やドライブ増加が行えるようになっています
《マジェスティ・ロードブラスター》と『ブラスター』二種で完結したギミックのため構築の自由枠が多く、ケテルサンクチュアリの優秀なカード群をかなりの自由度で採用することができます

『ブラスター』三種で完結したギミックのため、既存のカードで相性がいいものとしては、【極光戦姫】の《極光烈姫 セラス・ピュアライト》にソウルの『ブラスター』を奪われても復帰しやすくなる《幸甚の魔法 ナナフル》《月兎の魔女 ルビニア》や、《ペインキラー・エンジェル》などの汎用性の高いカードがおススメです
他には打点を上げるためのカードだったり、『ブラスター』以外はグレード3で固めることで【バスティオン】向きの高パワーユニットを採用したりと、自由な構築が楽しめるのが強みです

相性がいい既存カード
幸甚の魔法 ナナフル 月兎の魔女 ルビニア ペインキラー・エンジェル




ファントム・ブラスター・オーバーロード

《ファントム・ブラスター・オーバーロード》の登場により、非常にパワーラインが安定した連続攻撃が可能になりました
《ファントム・ブラスター・ドラゴン》がソウルに存在することで常時クリティカルが2となり、より圧力を高めることが可能となります
また、新規サポートである《髑髏の魔女 ネヴァン》や既存カードの一部はライドラインを《ファントム・ブラスター・オーバーロード》をライドラインにしても後からソウルに《ファントム・ブラスター・ドラゴン》を入れることができるため、どちらをライドラインとして採用するのか、また、《ファントム・ブラスター・ドラゴン》を採用するのかなど構築の幅がかなり広がりました

《ファントム・ブラスター・オーバーロード》をライドラインとして採用する場合、既存のカードで相性がいいのは《イーズロッド・エンジェル》などのアタッカーになりつつ退却コストを用意できるカードや、《幸甚の魔法 ナナフル》《月兎の魔女 ルビニア》といったソウルに《ファントム・ブラスター・ドラゴン》を送り込むことができるカードです
《黒の賢者 カロン》《饗応の魔女 ブラーナ》といったコスト確保要員はパワーラインを形成しづらいため、相性はいいものの、《ファントム・ブラスター・ドラゴン》がライドラインの場合よりも少し優先度は落ちるでしょう

相性がいい既存カード
イーズロッド・エンジェル 幸甚の魔法 ナナフル 月兎の魔女 ルビニア




ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド

《ドラゴニック・オーバーロード》ではリアガードをアタックしないとスタンド能力が安定していませんでしたが、《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》になったことにより相手のヴァンガードにアタックしても安定してヴァンガードをスタンドすることができるようになりました
ソウルに《ドラゴニック・オーバーロード》があるときの能力はライドラインの《ドラゴニック・オーバーロード》を経由して1ターン経過する必要がありますが、パワー上昇に加えてドライブの減少がなくなるなどリターンも大きいため、どちらをライドラインに採用するかが非常に重要になります
新規サポートカード、《バーニングホーン・ドラゴン》はペルソナライド先や《ドラゴニック・オーバーロード》をライドラインに採用した際の《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》を回収することができるようになっており、リアガードでのアタッカーとしても優秀です

既存のカードで相性がいいカードとしては、ケテルサンクチュアリとは異なり、特定のカードをソウルに送り込む手段を持たないドラゴンエンパイアなのでライドラインに《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》を採用した場合の打点不足を補う手段を用意する必要があるでしょう
《フレアストライク・ドラゴン》《イフェスティオ・ドラゴン》《ドラゴンナイト ネハーレン》でヴァンガードの打点を補助しながら戦っていくとよいです
一方で《ドラゴニック・オーバーロード》ではリアガードに攻撃がヒットしやすいため相性が良かった《ドラゴンモンク ゴジョー》《忍竜 テンシャーステッド》などは優秀なカードではあるものの、少し使いづらくなっている印象ですね
《ドラゴニック・オーバーロード》からライドする構築では現在も優秀な選択肢になりそうです

相性がいい既存カード
フレアストライク・ドラゴン イフェスティオ・ドラゴン ドラゴンナイト ネハーレン




コメント

タイトルとURLをコピーしました