フラッグバークデッキ解説【覚醒する天輪環境】


■ライドライン
旗艦竜 フラッグバーグ・ドラゴン
アセンダンス・アサルト
インロード・シューター
士官候補生 カリクレス

■グレード3(7枚)
旗艦竜 フラッグバーグ・ドラゴン×3枚
蒼砲竜 イントレットパルス・ドラゴン×4枚

■グレード2(11枚)
アセンダンス・アサルト×4枚
アグレスブルー・ドラゴン×4枚
樹角獣 リューカ×4枚

■グレード1(11枚)
共謀怪人 アドマンティス×3枚
プライズド・トライデント×4枚
プラナプリベント・ドラゴン×4枚

■グレード0(16枚)
憧憬の乙女 アラナ×4枚
挽歌の妖精×4枚
晴朗の乙女 レェナ×4枚
愛執の迷い子×3枚
天恵の源竜王 ブレスファボール×1枚



[△ページトップに戻る]

従来の【フラッグバーグ】を順当に強化した形。新たに登場した《蒼砲竜 イントレットパルス・ドラゴン》の登場によりコスト面、要求面ともに強化されているまた、連続攻撃要員の種類が単純に増えたことにより、デッキ自体の安定性も向上している
盤面に置かないといけないカードの枚数が多く、除去デッキとの相性が悪いため現環境では少し向かい風




[△ページトップに戻る]

ライドライン
旗艦竜 フラッグバーグ・ドラゴンアセンダンス・アサルトインロード・シューター士官候補生 カリクレス




グレード3
旗艦竜 フラッグバーグ・ドラゴン蒼砲竜 インレットパルス・ドラゴン

《旗艦竜 フラッグバーグ・ドラゴン》
ペルソナライド要員

《蒼砲竜 イントレットパルス・ドラゴン》
払ったコストを自身で供給できる自己完結した連続攻撃要員
単体で相手のヴァンガードに対して連続攻撃ができる数少ないカード




グレード2
アセンダンス・アサルトアグレスブルー・ドラゴン樹角獣 リューカ

《アセンダンス・アサルト》
連続攻撃要員

《アグレスブルー・ドラゴン》
連続攻撃要員

《樹角獣 リューカ》
連続攻撃可能なリアガードにパワーを与えるカード




グレード1
共謀怪人 アドマンティスプライズド・トライデントプラナプリベント・ドラゴン

《共謀怪人 アドマンティス》
連続攻撃要員にパワーを付与するために採用している

《ブライスド・トライデント》
コスト回復要員

《プラナプリペント・ドラゴン》
守護者




グレード0/トリガー配分
憧憬の乙女 アラナ挽歌の妖精晴朗の乙女 レェナ
愛執の迷い子天恵の源竜王 ブレスファボール

《トリガー配分》
盤面に要求されるカードの枚数やパーツが多いデッキなので、ドローを多く採用して枯渇しないようにしている。アタック順の都合でフロントトリガーが使いにくいので、残りの枠はクリティカルを採用している




その他採用候補のカード
転魄の剪竜樹角獣 アーレイオハイレートバースト・ドラゴン

《転魄の剪竜》
コスト回復要員。《ブライズド・トライデント》と同様の能力だが、前列には連続攻撃要員のみをおきたいので不採用

《樹角獣 アーレイオ》
連続攻撃要員にパワーを与えるカード。《樹角獣 リューカ》を優先しているので不採用

《ハイレートバースト・ドラゴン》
連続攻撃を付与できるカードだが、コストが重く連続攻撃手段も足りているため採用していない



[△ページトップに戻る]

コメント

タイトルとURLをコピーしました