マグノリアデッキ解説【覚醒する天輪環境】


■ライドライン
樹角獣王 マグノリア
樹角獣 ラティス
樹角獣 カリス
樹角獣 ローテ

■グレード4(4枚)
樹角獣帝 マグノリア・エルダー×4枚

■グレード3(6枚)
樹角獣王 マグノリア×2枚
蒼砲竜 イントレットパルス・ドラゴン×4枚

■グレード2(12枚)
樹角獣 ガボレーグ×2枚
樹角獣 リューカ×2枚
樹角獣 ギュノスラ×4枚
樹角獣 エンピックス×4枚

■グレード1(4枚)
プラナプリベント・ドラゴン×4枚
樹角獣 レムレア×2枚

■グレード0(16枚)
樹角獣 ヴァーリン×2枚
狂乱の令嬢×4枚
樹角獣 ズラトロク×4枚
樹角獣 ポラッター×1枚
晴朗の乙女 レェナ×4枚
天恵の源竜王 ブレスファボール×1枚

■オーダーカード(2枚)
野生の知恵×2枚






ほかのグレード4とは異なり、動きの方向性が従来の【マグノリア】の延長線上となっているが、従来の構築における課題点であった除去への耐性の低さ、ペルソナライドが必須という安定性の低さがカバーされたことにより大幅に強化されている
基本的にはグレード2を展開しての速攻から連続攻撃に繋ぐ方向性で立ち回っていくことになる
また、従来の【マグノリア】に引き続き、ダメージトリガーで殴れなくなるラインを作ってしまわないように構築段階から意識することが重要となる



[△ページトップに戻る]

ライドライン
樹角獣王 マグノリア樹角獣 ラティス樹角獣 カリス樹角獣 ローテ




グレード4
樹角獣帝 マグノリア・エルダー

《樹角獣帝 マグノリア・エルダー》
キーカード




グレード3
樹角獣王 マグノリア蒼砲竜 インレットパルス・ドラゴン

《樹角獣王 マグノリア》
グレード4依存のデッキになるとペルソナライドに依存していた時と状況は変わらないため、5枚目以降の4ターン目のライド先として採用
グレード4以降はリアガードでアタッカーとして運用しよう

《蒼砲竜 イントレッドパルス・ドラゴン》
このデッキではソウルインしてドローする能力のみ使用できる
グレード4を探しに行けることができるほか、ソウルの補充や除去への耐性を持たせることができるなど、【フラッグバーグ】サポートでありながらデッキとのかみ合いが強い優秀なカード




グレード2
樹角獣 ガボレーグ樹角獣 リューカ樹角獣 ギュノスラ
樹角獣 エンピックス

《樹角獣 ギュノスラ》
グレード4の登場でヴァンガードがコストを使用しなくなったため、一気に使いやすくなったカード
1ライン確実にダメージトリガーを超えさせることができるほか、トリガーを振ることで高打点を生み出すこともできるなど器用に立ち回ることができる

《樹角獣 ガボレーグ》
打点要員
複数枚重なって強いカードではないが単体でダメージトリガーを超えつつガード制限できる点は今日六なので2枚

《樹角獣 リューカ》
後攻の時も出しやすいアタッカー
後半もギュノスラと合わせて強力

《樹角獣 エンピックス》
除去からユニットを守ることができ、単体でダメージトリガーを超える優秀な後列要員




グレード1
プラナプリベント・ドラゴン樹角獣 レムレア

《プラナプリペント・ドラゴン》
守護者

《樹角獣 レムレア》
ダメージトリガーを超えてアタックできる高打点ユニット


グレード0/トリガー配分
樹角獣 ヴァーリン狂乱の令嬢樹角獣 ズラトロク
晴朗の乙女 レェナ樹角獣 ポラッター天恵の源竜王 ブレスファボール

アタック順の関係からフロントトリガーが強力なデッキなのでフロントをメインに採用し、盤面を埋めることで強力な動きが可能になるデッキなためドロートリガーと枚数を調整している




その他採用候補のカード
樹角獣 アイライータ樹角獣 ジラフィナ逆流する冥府

《樹角獣 アイライータ》
ソウル確保手段も打点も他に優秀なカードが追加されたため、ただグレード3という重さが目立つことから不採用

《樹角獣 ジラフィナ》
登場ターン限定でダメージトリガーを超える打点をノーコストで作れるカード
採用するとしてもごく少数でよい

《逆流する冥府》
《響き合う希望の祈り》を採用した【ニルヴァーナ】への対抗策



[△ページトップに戻る]

コメント

タイトルとURLをコピーしました