魔術師デッキ解説【覚醒する天輪環境】


■ライドライン
六角宝珠の女魔術師
五角閃光の女魔術師
四角重層の女魔術師
三角連想の女魔術師

■グレード3(3枚)
六角宝珠の女魔術師×3枚

■グレード2(11枚)
五角閃光の女魔術師×3枚
立志の魔法 カカロネ×4枚
幸甚の魔法 ナナフル×4枚

■グレード1(16枚)
再来の魔法 ララリタ×4枚
啓示の魔法 トトリス×4枚
ペインキラー・エンジェル×4枚
アイジスメア・ドラゴン×4枚

■グレード0(16枚)
ブレードフェザー・ドラゴン×4枚
白牙の魔女 ディスマ×4枚
円環の女魔術師×4枚
加護の魔法 プロロビ×3枚
栄典の光竜神 アマルティノア×1枚



[△ページトップに戻る]

従来の構築から大きな変化はないが、《再来の魔法 ララリタ》を用いた連続攻撃が可能になった点が今回最大の強化だろう
トリガーを捲った際の追加のパワー上昇による圧力の高さ、序盤からデッキの上を操作した速攻は健在で、相手を選ばずに速いゲームができることからグレード4環境でもある程度戦っていけるデッキになると予想される



[△ページトップに戻る]

ライドライン
六角宝珠の女魔術師五角閃光の女魔術師四角重層の女魔術師三角連想の女魔術師




グレード3
六角宝珠の女魔術師

《六角宝珠の女魔術師》
ペルソナライド要員




グレード2
五角閃光の女魔術師立志の魔法 カカロネ幸甚の魔法 ナナフル

《五角閃光の女魔術師》
使いやすいデッキトップ操作要員

《立志の魔法 カカロネ》
高いガード値を持つためゲーム中腐ることは基本的にない。トリガーを探しに行く場合は、《幸甚の魔法 ナナフル》と組み合わせて使用するとよい

《幸甚の魔法 ナナフル》
ソウルを増やしながら手札交換できる優秀なカード
ソウルを多用するため採用している




グレード1
再来の魔法 ララリタ啓示の魔法 トトリスペインキラー・エンジェル
アイジスメア・ドラゴン

《再来の魔法 ララリタ》
連続攻撃要員
コストは重いが複数並べることで最大5回攻撃も可能

《啓示の魔法 トトリス》
ペルソナライドサーチ
デッキを混ぜてしまう点は使いにくいが、ペルソナライドできるかどうかで出力が大きく変わってくるので採用

《ペインキラー・エンジェル》
除去を避けつつ、手札交換できる優秀なブースト要員
ソウルを作りやすい構築なので採用している

《アイジスメア・ドラゴン》
守護者




グレード0/トリガー配分
ブレードフェザー・ドラゴン白牙の魔女 ディスマ円環の女魔術師
加護の魔法 プロロビ栄典の光竜神 アマルティノア

《トリガー配分》
ヴァンガードに数値でのガードを切りづらい性質を生かせるクリティカルが非常に相性がいい
残りの枠は《幸甚の魔法 ナナフル》 と相性がいいドローを採用している




その他採用候補のカード
双連の大魔法 トトーネ卓絶の天衝 ラグレール栄進の魔法 メルココ

《双連の大魔法 トトーネ》
メインで使用したいのはフロントを捲った際のスタンド能力だが、この構築では使用できないので不採用

《卓絶の天衝 ラグレール》
採用する場合専用構築が必要になる。現環境では極光戦姫と相性が悪くなってしまうため不採用

《栄進の魔法 メルココ》
メインフェイズに手札交換できるため、《 立志の魔法 カカロネ 》と相性がいい。《ペインキラー・エンジェル》と選択になる



[△ページトップに戻る]

コメント

タイトルとURLをコピーしました