バスティオンデッキ解説【覚醒する天輪環境】


■ライドライン
頂の天帝 バスティオン
天槍の騎士 ルクス
天剣の騎士 フォート
天弓の騎士 ベイス

■グレード4(4枚)
頂を超える剣 バスティオン×4枚

■グレード3(19枚)
頂の天帝 バスティオン×3枚
豪儀の天剣 オールデン×4枚
斧鉞の騎士 ラフルク×4枚
必中の天矢 スパラーレ×4枚
天擁竜 エンブレイス・ドラゴン×4枚

■グレード1(4枚)
アイジスメア・ドラゴン×4枚

■グレード0(16枚)
ブレードフェザー・ドラゴン×3枚
天音の楽士 アルパック×4枚
天杖の癒し手 アーシェス×4枚
加護の魔法 プロロビ×4枚
栄典の光竜神 アマルティノア×1枚

■オーダーカード(3枚)
守るべき誇り×3枚



[△ページトップに戻る]

グレード4を採用したことにより、《並び立て、選ばれし騎士達よ》や《唱導の天弓 レフェルソス》のような優秀なカードを採用しづらくなった代わりに、最大攻撃回数が伸びた新しい【バスティオン】
攻撃回数が増えた代わりに1回あたりの要求は出しづらくなっており、持ち前のリソース獲得力で長期戦を意識した構築にする必要がある



より詳細な解説、対面ごとの立ち回り方やマリガン基準などはこちらの記事に掲載しています!




[△ページトップに戻る]

ライドライン
頂の天帝 バスティオン天槍の騎士 ルクス天剣の騎士 フォート天弓の騎士 ベイス




グレード4
頂を超える剣 バスティオン・プライム

《頂を超える剣 バスティオン・プライム》
キーカード




グレード3
頂の天帝 バスティオン豪儀の天剣 オールデン斧鉞の騎士 ラフルク
必中の天矢 スパラーレ 天擁竜 エンブレイス・ドラゴン

《頂の天帝 バスティオン》
ペルソナライドまたはグレード4へのライドのどちらかを行わないと打点が非常に心もとないデッキなので、グレード4を引けていないときのケアや、グレード4の能力で捨てるコストとしても必要になってくるため採用している

《豪儀の天剣 オールデン》
【バスティオン】のリソース源であり打点である必須カード

《斧鉞の騎士 ラフルク》
ソウルを増やしつつ打点を上げることができる《バスティオン》の必須カード

《必中の天矢 スパラーレ》
デッキを掘り進めてグレード4を探すことができるほか、能力使用後は後列で前列の打点を上げる役割も持てる器用なカード

《天擁竜 エンブレイス・ドラゴン》
グレード3過多のデッキになるため、ガード値にムラが起きやすい。グレード3でありながらガード値を持っている点が非常に優秀




グレード1
アイジスメア・ドラゴン

《アイジスメア・ドラゴン》
守護者




グレード0/トリガー配分
ブレードフェザー・ドラゴン天音の楽士 アルパック天杖の癒し手 アーシェス
加護の魔法 プロロビ栄典の光竜神 アマルティノア

グレード4以降はリア、リア、ヴァンガードの順番でアタックする機会が増えるためクリティカルが生かしづらい。グレード4を引き込むことも意識してスキル重視でトリガーを選択している




オーダーカード
守るべき誇り

《守るべき誇り》
前列だけでは打点が心もとないので、ブーストを付与する手段として採用
手札が2枚減ることは少し気になるが、グレード4ライド後は余剰したグレード3を捨てる手段も限られるのでそれを捨てることによって損失は最低限に抑えられる




その他採用候補のカード
招来の天鉾 コルンヴォーク誓約の天刃 フリエント卓絶の天衝 ラグレール
ダークストレイン・ドラゴン並び立て、選ばれし騎士達よ

《招来の天鉾 コルンヴォーク》
新規RRR。自身がレストする上にグレード4、トリガーなどの強力なカードを見送ることになるため、現状特に採用する理由がない

《誓約の天刃 フリエント》
オールデンに次ぐ前列での打点
後列でも使用できるため悪くはない

《卓絶の天衝 ラグレール》
能力自体は非常にデッキとかみ合っているが、全面広げる前提な点が極光戦姫と相性が悪いため不採用

《ダークストレイン・ドラゴン》
ソウルを他のカードで使用したいため、オーダーカードでブーストを付与している

《並び立て、選ばれし騎士達よ》
序盤にグレード4をキープしたり、グレード4ライド以降に能力の起動を狙うための条件が非常に重いため不採用



[△ページトップに戻る]

コメント

タイトルとURLをコピーしました