グリードンデッキ解説【覚醒する天輪環境】


■ライドライン
強欲魔竜 グリードン
デザイアデビル ボーショック
デザイアデビル ゴーマン
デザイアデビル タイーダ

■グレード3(7枚)
強欲魔竜 グリードン×3枚
デザイアデビル ヒステラ×4枚

■グレード2(11枚)
デザイアデビル ボーショック×3枚
デザイアデビル ムッカー×4枚
デザイアデビル ケンエン×4枚

■グレード1(12枚)
デザイアデビル ブベツー×4枚
デザイアデビル インケーン×4枚
リキューザルヘイト・ドラゴン×4枚

■グレード0(16枚)
ディアブロスガールズ マイマイ×4枚
フリンティ・スラッシャー×4枚
スチームスカラー マルニガル×4枚
喚起の操獣師 ライリー×3枚
怨恨の冥竜神 ゴルマギエルド×1枚



[△ページトップに戻る]

デッキの方向性やギミックは前回からほとんど変わっておらず高パワーのヴァンガードでの圧力で攻めていくデッキのままだが、ヴァンガードをスタンドさせるコストにするリアガードの供給がやりやすくなるような追加が与えられた
それにより経戦能力が上がり、以前よりも長期戦に対応しやすくなった



[△ページトップに戻る]

ライドライン
強欲魔竜 グリードンデザイアデビル ボーショックデザイアデビル ゴーマンデザイアデビル タイーダ

ライドラインは通常のものを素直に採用




グレード3
強欲魔竜 グリードンデザイアデビル ヒステラ

《強欲魔竜 グリードン》
ペルソナライド要員

《デザイアデビル ヒステラ》
ヴァンガードのアタックのみで押し切れないゲームがどうしても存在するため、単体で最も打点を出しやすいこのカードを採用




グレード2
デザイアデビル ボーショックデザイアデビル ムッカーデザイアデビル ケンエン

《デザイアデビル ボーショック》
ライドラインの能力のサーチ先である他、マリガンでも優先して残す候補なのでデッキから枯渇しやすい
ノーコストでヴァンガードの打点を底上げできるため最大枚数採用

《デザイアデビル ムッカー》
ヴァンガードのコストでソウルに入れるカードが足りなくなると何もできなくなるため、リアガードを確保できるカードは最大枚数採用

《デザイアデビル ケンエン》
エンドフェイズに退却してしまうが、ヴァンガードの能力のコストにするので特に関係はない
コスト軽減用のカードは最大枚数採用




グレード1
デザイアデビル インケーンデザイアデビル ブベツーリキューザルヘイト・ドラゴン

《デザイアデビル インケーン》
打点とドライブを増やしつつ、リソースを増加させることができるカード
コストが重く、他のカードと競合するほか、デッキの消費が激しいため使うタイミングは選ぼう

《デザイアデビル ブベツー》
リソースを獲得しつつ追撃ができるカード
ソウルが10枚を超えるのは簡単ではないが、終盤の押し込みに使おう

《リキューザルヘイト・ドラゴン》
守護者




グレード0/トリガー配分
ディアブロスガールズ マイマイフリンティ・スラッシャースチームスカラー マルニガル
喚起の操獣師 ライリー怨恨の冥竜神 ゴルマギエルド

《トリガー配分》
基本的にはヴァンガードの圧力ひとつで攻めるデッキなので、クリティカルは最大枚数採用している
デッキの性質上、フロントトリガーは機能しないため残りのカードにはドローを採用している




その他採用候補のカード
クリムゾン・イクスペラーデザイアデビル ヤーバスチームバトラー グングヌラーム

《クリムゾン・イクスぺラー》
ソウルチャージ手段としては序盤しか使えず、打点を上げる能力のコストも他のカードに使用したいので不採用

《デザイアデビル ヤーバ》
ソウル10枚を目指す李湯が増えたため、このカードをソウルから吐く余裕がない

《スチームバトラー グングヌラーム》
ソウル10枚を目指す理由が増えたのでドロー能力が使いにくくなったため不採用

[△ページトップに戻る]

コメント

タイトルとURLをコピーしました