バロウマグネスデッキ解説【覚醒する天輪環境】


■ライドライン
重力の支配者 バロウマグネス
エレクトロ・スパルタン
ディープ・ソニッカー
アンキャニィ・バーニング

■グレード3(7枚)
重力の支配者 バロウマグネス×3枚
幻想の奇術師 カーティス×4枚

■グレード2(11枚)
エレクトロ・スパルタン×3枚
断裁の剣舞 チェーグラ×4枚
セルフィッシュ・エングレイヴァー×4枚

■グレード1(8枚)
ブレインウォッシュ・スワラー×4枚
リキューザルヘイト・ドラゴン×4枚

■グレード0(16枚)
ステムディヴィエイト・ドラゴン×4枚
スチームスカラー マルニガル×4枚
喚起の操獣師 ライリー×4枚
バイタル・リーヴァ―×3枚
怨恨の冥竜神 ゴルマギエルド×1枚

■オーダーカード(4枚)
異能摘出×4枚



[△ページトップに戻る]

デッキの基盤は従来から大きく変わっていないが、グレード4の実装によりグレード4があるデッキとないデッキの差が広がったため、最大値の高い【バロウマグネス】は最速でのソウル15枚達成に構築を寄せて、達成できれば戦えるデッキという立ち位置を獲得した
よってこの記事では最速でのソウル15枚達成を目指した構築を紹介している



[△ページトップに戻る]

ライドライン
重力の支配者 バロウマグネスエレクトロ・スパルタンディープ・ソニッカーアンキャニィ・バーニング

ライドラインは通常のものを素直に選択している




グレード3
重力の支配者 バロウマグネス幻想の奇術師 カーティス

《重力の支配者 バロウマグネス》
ペルソナライド要員

《幻想の奇術師 カーティス》
効率のよいソウルチャージ要員
バロウマグネスのスキルで出すとデッキの減少が激しいため注意
打点を上げるスキルはコストが重いためあまり使用しない




グレード2
エレクトロ・スパルタンセルフィッシュ・エングレイヴァー断裁の剣舞 チェーグラ

《エレクトロ・スパルタン》
ソウルチャージ要員

《セルフィッシュ・エングレイヴァー》
ソウルを貯めるためにカウンターブラストを使い切ることも少なくないので、コスト回復しつつソウルを増やせる優秀なカード
ライドコストなどではなるべく切らないようにしよう

《断裁の剣舞 チェーグラ》
ソウルを確保しつつ、守護者やペルソナライド要員を回収できる優秀なカード




グレード1
ブレインウォッシュ・スワラーリキューザルヘイト・ドラゴン

《ブレインウォッシュ・スワラー》
打点を確保しつつコストを使わないでソウルを貯めることが可能なカード

《リキューザルヘイト・ドラゴン》
守護者




グレード0/トリガー配分
ステムディヴィエイト・ドラゴンスチームスカラー マルニガル喚起の操獣師 ライリー
バイタル・リーヴァー怨恨の冥竜神 ゴルマギエルド

《トリガー配分》
ソウル15枚が完成すれば攻撃用トリガーを絡めて攻める必要がないため、ソウルチャージ要員を確保するべくドロートリガーを多く採用
また、残りの枠はソウルを増やすことができる《ステムディヴィエイト・ドラゴン》を選択




オーダーカード
異能摘出

《異能摘出》
高いソウルチャージ効率を持ちつつ、ソウルのキーカードや追加のソウルチャージ要員を回収できるこのオーダーを採用




その他採用候補のカード
キーンリィ・ルデリィ紫青の幻蝶 ファンジュパンデモニウム・タクティクス

《キーンリィ・ルデリィ》
非常に高い打点を生み出すことができるが、ソウルチャージ手段を持たないため不採用

《紫青の幻蝶 ファンジュ》
高いソウルチャージ効率を誇るが、条件が厳しく、このカードを使用してソウル15枚を達成するとヴァンガードの能力でリアガードを吸う枚数が増えすぎてしまうため不採用

《パンデモニウム・タクティクス》
ソウルを4枚増加できるが、それしかできないので割に合わないため不採用

[△ページトップに戻る]

コメント

タイトルとURLをコピーしました